ロードバイクで世界を広げて

ロードバイク趣味はじめる。もうすぐオフシーズン 更新頻度は下がると思われます。

僥倖! ついに納車!

ざわ・・  ざわ・・  ざわ・・
  ざわ・・   ざわ・・  ざわ・・


ナレーション:古谷 徹
「平成29年3月30日 午前9時、 その日ユウジはソワソワしていた。そう新車のロードバイクの納車である。



チャリンコ屋
「メーカーでペダルと反射板ついてきたので 着けておきました」


ユウジ
「そうなんですね ありがとうございます」


ナレーション
無理言って早朝に配達させるという暴挙。なんてわがままな客。しかしこのときユウジは焦っていた。


ユウジ
(サドル高! めっちゃ高! こんなのあきらかに高いやん! サドル調整とかしてくれへんの?)


なぜか大阪弁風の口調で思考回路がぐるぐる回りだしている。


チャリンコ屋
「ありがとうございました」


そそくさとこれから、店を開けなきゃあかんという態度で帰っていく。


ユウジ
「・・・・・」


「まあ ちょっと乗ってみるか」


「クソ!! やっぱ足 6時の方向ギリギリじゃねーか!! これで転んだら終わる! 」


ナレーション
必死になり転ばないように降りながら、さらに続ける。


ユウジ
「アメリカンなサイズ過ぎねーか? 女性サイズの1番デカイサイズだけど 適正身長も許容範囲なはず。日本男児を馬鹿にしてるんか!!」(大袈裟w)


写真を数枚撮り、部屋に運ぶ。


ユウジ
「よし 早速 色々 付けていこう」


ナレーション
まず、彼はスタンドから取り出した。しかしあまりにもサイズが違いすぎるので パソコンで アマゾンサイトに酷評してやろうと息だっている。


ユウジ
「なになに? 装着にはコツがあります?」


舐めるように読んでいく。


ユウジ
「けっこうキツく開いていいのか。。」


読み終えた彼は 実践する。


ユウジ
「あっさりはまったな。さすが アマゾン(ニコッ♪)」


ナレーション
すっかり上機嫌である。そんな感じで2時間くらい費やし 一応届いてるモノは 装着し終える。


無駄に買ってしまったもの・・・それは、ベル ハンドルの径を知りもしないで 適当に選んだ結果である。

径が合わなかった悲しきベル



ユウジ
「おい!ナレーション! そんなこと言うな! クソが!」


「1個だけでよかったろ とりあえず!」


ナレーション
平成29年3月30日。 彼は1200円を無駄にしたのだった。


つづく
























×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。