ロードバイクで世界を広げて

ロードバイク趣味はじめる。もうすぐオフシーズン 更新頻度は下がると思われます。

スマホバッテリーとマウント

5月下旬にお試し購入したものをレビュー
(アマゾンニレービューはしていませんw)


MOUTIK バイク スマホホルダー 自転車 ハンドルバー マウント固定 アルミ製
本当はレックマウントの拡張パーツを買う予定で我慢していましたが、

MOUTIK バイク スマホホルダー 自転車 ハンドルバー マウント固定 アルミ製 耐久 操作便利iphone 7 6s plus 6 5s/Galaxy S7 S6/Xperia Z5Z4Z3/ナビ等用
MOUTIK バイク スマホホルダー 自転車 ハンドルバー マウント固定 アルミ製 耐久 操作便利iphone 7 6s plus 6 5s/Galaxy S7 S6/Xperia Z5Z4Z3/ナビ等用
MOUTIK
カー・バイク用品


結局シール式でステムにつけるならコレでいいんじゃね?


ってことでトピークの同じような商品と比べてみてこっちにしてみました。


3Mのシールを下のバッテリーケースに張り付けて使用。


何度か曲がって張り付けてしまい貼り直ししたことで


粘着力が落ちて 試乗時、乗り出して2.3分で


バッテリーケースが落ちてしまうアクシデント!


ケースのキズは目立たなかったが 保護シールはボロボロになってしまいました。


その後 万能型の接着剤で固定しガチガチにしてからは


まったく落ちる気配はなくなりました。
(まあ、真ん中を出してから接着してないのでちょっとズレたw)



Rhidon iPhone6 plus / 6s plusバッテリーケース 充電カバー8000mAh バッテリー内蔵 ケース型バッテリー

Rhidon iPhone6 plus / 6s plusバッテリーケース 充電カバー8000mAh バッテリー内蔵 ケース型バッテリー
Rhidon iPhone6 plus / 6s plusバッテリーケース 充電カバー8000mAh バッテリー内蔵 ケース型バッテリー
Rhidon
家電&カメラ

約。ひと月使っての印象。サイクリング&出勤時に持ち出し。


モバイルバッテリーもすごく悩みました。

  • みんなが悩む 重さと容量のバランス
  • ケース型にするかバッテリーのみにするか
  • どこに装着する問題

最初のライドで無念の電池切れを経験しバッテリーは必須という事で


慎重に検討を重ね悩みました。

重さと容量のバランス
8000mAhという半端な数字ですが、ゼロ充電からで約2回


充電できました。


バッテリー自体の充電はコンセント供給で12時間程度。


充電ケースからiPhoneに充電はすごく早くて ナビ立ち上げてても 


充電されていく。先日の100㎞走行時も1回充電したきりで


バッテリー側の残りも余裕でした。


重さも本体重量:約200gとの事でちょっと重いが本体と合わせても


400gくらいなので慣れの問題かなと思います。


USB端子もあるのですが、まだ使っていない。緊急時といっても 


それに対応するケーブル類を持っていかないとダメなので


実際はあまり出番はないかな?



ステムに取り付けの走行の感想


レックマウントと少し干渉してしまいますが、


不便は今のところ感じられないかな。


走行中に自転車でナビを見るのは自殺行為なので


結局は必要な時に停車して見る程度。


ジャージのバックポケットから


ステムマウントにできた為 体への負担は軽減した印象。


そして、結局 駐車するときに 携帯やサイコン入れる


バッグが必要ってことで新たにウエストバッグ買うという


悪循環が発生していますw


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。