ROVAL CL50 SATIN CARBON/BLK

買うと決めたオイラに選択肢は3つ

  1. ネットで買う
  2. ルービー号を買ったショップで注文
  3. 他のスぺシャライズドの代理店で注文

2、は個人のこじんまりしたショップなのと 遠いために付き合いがなく、しかも休みがち。一見さんにも売るが親身に対応は難しい。


1、は買ったはいいが、今回は ホイール タイヤ チューブ スプロケ (ブレーキシューの取り換え)などなど 面倒&調整が不安。(上手く調整できなかった場合は目の前にある水野自転車さんもあるが)


という事で、3になる。


3、は代理店が少なく、今回お世話になった、サイクルショップ小野さんを一番に思いついた。(下見にも行ったよ!買う前は)アパレルも置いてるし他のメーカーのロードバイクも、たくさん扱っており、入りやすいお店でもある。


自分で取り付け、整備できればいいんだろうけど、面倒くさがりな、こういうメンテしたくないヤツも居ないとショップも潰れるやろ?という思考回路が働く。(万が一の時はショップ対応もしてもらいたいしね)


という事で店内をうろつき 今年のバイクを見たり ヘルメットみたり ウロウロし、声かける。


「ロヴァールのホイール見せてもらっていいッスか?」


吊ってあったのはCLX32の前ホイール 12万円!(確か)


「軽いっしょ!」と手に持たされ質感を確かめる。リム形状は同じなので 色合いとか重さとか、最終確認。


バラで前後でリムの高さ変えて「解ってるやろ?」的な事も考えたんだけどもそれだと完全に予算オーバー。


との事で「CL50でお願いします!」(メーカー取り寄せ品)


決断し、2階に案内され もう逃げられません・・・


店員
「スプロケどうしましょ?」


ユウジ
「105の30tでいいかな?」


店員
「34tもありまっせ^^」


ユウジ
「いや。。28tで」(お前には無理やで)と心の声


店員
「もうこの年になってくると坂道キツイっすよね」(同じくらいの年齢の方)


色々考えて34でも良かっただけど。32tに決定!


タイヤ  S-WORKS Turbo 26c×700(ルーベはこのサイズ標準なので)
チューブ S-WORKS の適当に選んでもらう。


等々。


内金を少々入れて帰宅


後日。


店員
「105のスプロケ、メーカーにないんでどうしましょ? アルテなら即納です


コンポーネントがバラバラになっちゃうけど、しょうがないか。。とアルテグラにしました。


そう、新たな沼問題発生です^^


そう考えるとブレーキもアルテ?(メーカーサードパーティー標準装備なので)とか考え始めちゃうオイラ カーボンだし。。とか色々・・もう物欲が止まりません。


当日


前ブレーキの幅がギリギリのため、やはり変えた方が良いとの事。在庫がなく この日はお預けにしました。


感想


重さ的にはあまり変わらず(鈍すぎw)


乗っててアルミとは乗り味が違うのが最初の印象。街乗りの為ストップゴーが多く出だしの軽さは感じられなかったかなぁ(変速してギアを軽くして止まらないオイラが悪いけど)
転がりがスゲー良いのはオイラでもわかったので、後は無風の時や晴れの時にちゃんと乗ってみたいかな。


ルビー号とほぼ同じ値段のホイール。。怖い


ps.


奥様はホイールが変わった事に気付いてないようなので一安心。(なのか?) 


でも、純正ホイールを何処に仕舞うかな。いつかは気づかれちゃうだろうしな。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。